スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの時間。

前置きにも書きましたが、私たち夫婦は結婚11年の子なし夫婦です。

どちらが悪いと云う訳でもなく・・・
原因不明のまま過酷な不妊治療とも、向き合ってきました。

最終的には、体外・顕微授精と進みいくつかの受精卵を凍結し保存しながら、
時期を見て凍結胚を移植してきました。

途中、妊娠することもできたのですが・・・
度重なる様々な出来事ごとに流産を繰り返してきました。

お空に私たち夫婦の身代わりとなって旅立った我が子には、
申し訳ない気持ちで一杯です。

一番最初の身代わりは・・・私ぱんだ!!
お空の我が子が旅立った後、子宮頸がんが見つかりました。
早期発見で、子宮の上側の上皮だけの切除で済みました。

これは我が子が身代わりとなり私に知らせてくれたこと。

その次は、夫ジュゴンの身代わりに・・・
町医者の歯科医院に通院していて起こった出来事。

虫歯の治療で訪れていたのに、なんでもない反対側の歯茎にばい菌が入り込み
痛くて痛くてその日は眠れないぐらいだった。

痛み止めがまったく効かなくて見る見るうちに・・・
夫ジュゴンの顔は腫れあがった。

ただ事ではないと思い、総合病院の口腔歯科へ・・・
すぐさま緊急手術。

しかし!これまた麻酔がまったく効かない。
過剰な痛み止めを飲んでいた為だろうか?

麻酔なしで口腔手術でした。
抗生剤を連続投与しながら10日間入院。

その時、私ぱんだのお腹の中には小さな命が宿っていました。
しかし・・・
夫の病状が思わしくなかったせいか・・・

またもや!身代わりとなりお空へ・・・
その後、夫ジュゴンは奇跡的な回復で退院することができたのです。

いつも!いつも!私たち夫婦の身代わりになったばかりで・・・
今回、夫の難病が発病したとき、12月に凍結胚を移植する予定でした。

しかし!また夫の病気と身代わりになることを避け延期したのです。

その後、家族で話し合い<子供>の事は諦めました。

この<重症筋無力症>にはステロイド剤の大量の投与をします。
影響がないとは断言できません。

何故ならば・・・私ぱんだ自身が以前、【花粉症】の薬を、
妊娠に気づかづ大量連日投与していた為、

<胎児奇形>を招きました。

あんな思いは二度としてはならない・・・したくない・・。と
自分に言い聞かせてきました。

だから余計に薬には慎重になっています。

夫がこの病気になり、夫婦二人の苦渋の選択をしました。

しかし・・・私は夫の喜ぶ顔がもっと見たいのです。
夫との過ごす時間の中に笑いの耐えない空間がほしいのです。

その為、封印していた<受精卵>の凍結胚を・・・
初夏の私の一番のお気に入りの季節に・・・

お迎えに行こうと思っています。
もちろん!これがラスト・チャンス。
もう二度とありません。
これで・・・小さな命が宿ることをお願いするだけです。

ジュゴンとぱんだのこれからの時間のために・・・・。




スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

panda

Author:panda
夫がある日突然難病になりました。夫婦の絆を深めるため愛犬ラッキーとのお気楽日誌です。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
ブログ村<重症筋無力症>
中型犬ミックス犬
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。